パ専

    カテゴリ:楽天まとめ > 則本昂大

    20170404-OHT1I50057-1


    1: 風吹けば名無し 2017/04/04(火) 07:20:19.23 ID:zwMXjHv5r0404
    https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/319184

    侍ジャパンではともに中継ぎからスタート。試合前に同じ流れで調整する機会が多かった。帰国後、互いの登板日が明らかになると千賀はすぐに「一緒の日ですね」とメールを送ったという。

    2: 風吹けば名無し 2017/04/04(火) 07:20:47.67 ID:zwMXjHv5r0404
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000005-sph-base

    ソフトバンクの先発は千賀。「お互い意識しないことはないと思う」と闘志を燃やした。WBC前は「先発4本柱」の評価も、実際はリリーフのみだった則本。大会オールスターに選出された年下の千賀に負けたくない気持ちはある。

    5: 風吹けば名無し 2017/04/04(火) 07:21:33.99 ID:zwMXjHv5r0404
    これは相思相愛ですわ

    >>続きはこちら

    1


    1: 風吹けば名無し 2017/03/19(日) 16:35:27.72 ID:4rMQW75Ir

     侍ジャパンの則本昂大投手(26)が好投をみせた。8回から5番手で登板し、3者連続三振。直球は自己最速となる98マイル(約158キロ)をマークし、フォーク、スライダーも制球よく決めた。


     前回12日の2次ラウンド、オランダ戦では1回2安打1失点と不本意な結果だったが「オランダ戦も状態自体はよかった。あとは配球面など、細かいところだけ。(捕手の)小林さんとコミュニケーションをとってマウンドに上がれたので、それがいい結果につながったかな、と思う」と手応えを示した。
    http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1794557.html

    24: 風吹けば名無し 2017/03/19(日) 16:43:04.97 ID:39P/AdU9d
    コミュニケーション(意味深)

    >>続きはこちら

    1


    1: 風吹けば名無し 2017/03/13(月) 21:19:27.22 ID:/Jnc/3/b0
    則本昂大の擁護要素
    ・球速もキレも昨日の投手で1番。最後フォークで三振が取れたがなかなかフォークを使わない

    ・宮西・千賀・松井も則本同様失点しててもおかしくはなかったので叩かれてるのは結果論

    ・則本の時は特に球審が異様なほど辛かった。塁審のスイングも(何個かストライクで良いのがボール)

    ・菊池、本来取れた球がたまたま塁審と被って取れない

    ・でもその後打線奮起の兆候を見せ、タイブレークで得点したので流れを変えるピッチングだったと言える

    ・オランダの234567の打線を相手に
    した(牧田は891234のバレ抜き)

    ・国際大会二大会連続瞬間最高視聴率現状1位の勝ち組

    ・タイブレークでの失点とイニングも失点率チキチキレースに入るので則本が打たれたお陰でイニングが延長+タイブレークの分増えた

    ・里崎・古田とか解説陣が未だに擁護してる

    >>続きはこちら

    bb-tm141221-nakata02-ns-big


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 12:36:24.36 ID:BIAQl2wPr
    http://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20170304/wbc17030405060005-s.html
     
    豪快なのは、打撃だけではない。中田は以前、食事に誘った則本(楽天)に「中田さんと同じ財布(高級ブランドのベルルッティ)が前からほしかったのですが」と言われた。

    すると、テーブルに現金10万円をポンと置いて「買えよ」と一言。則本は「マジで男気があってしびれました。俺も、ああなりたいと思いました」と振り返る。

    日本ハムでも若手や打撃投手らを食事に連れて行くなど気配りを欠かさず、信頼感は抜群だが、日本代表でもその姿勢を貫いている。

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 12:37:39.79 ID:bWlDs6Us0
    ホモビッチ乞食則本

    >>続きはこちら

    このページのトップヘ