パ専

    カテゴリ:オリックスまとめ > 平野佳寿

    87d05011ae164ade269d4ed6534c0e71


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 03:07:17.92 ID:qs9qhUYw0
    【WBC】平野の起用法にオリックス困惑
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000030-tospoweb-base

    オリックスがWBCでの平野佳寿投手(32)の起用法をめぐって困惑している。
    5日、侍ジャパンの小久保裕紀監督が権藤投手コーチらとオリックスのキャンプ地・宮崎を訪問。
    抑え候補の一人である平野のブルペン投球を視察した。
    ところが、視察後も守護神を明言しなかったばかりか、平野について「本来(オリックスでは)抑えをやっているが、7回ぐらいのピンチとか、回またぎの8回が一番力を発揮できる」と中継ぎ起用を示唆。

    >>続きはこちら

    20170118-01766671-nksports-000-3-view


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 11:19:36.82 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ 1/18(水) 7:57配信

    3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表の有力候補として、オリックス平野佳寿投手(32)が浮上していることが17日、分かった。経験豊富な右のパワーピッチャーで、ゲーム終盤の要所に欠かせない戦力として評価が高いとみられる。登録メンバー28人は今月下旬に発表。いよいよ侍ジャパンが船出する。

    「28人目の侍」として、オリックス平野が浮上してきた。強い直球とフォークボールで相手を制する、本格派の中継ぎ投手。制球力に優れ自滅の心配もなく、国際試合で活躍するための条件を兼ね備えている。13人で構成する投手陣は、昨年12月に1次メンバー7人を発表。今月下旬の発表を目指して調整を進めている。陣容を見渡すと、平野の存在が自然とクローズアップされる。

    1次メンバーには、中継ぎの専門職として秋吉と宮西がいる。牧田、増井、千賀もショートイニングの経験が豊富だが、先発としての高い適性も示しており、起用の柔軟性が高い。最終メンバー入りが確実視される他の中継ぎ投手としては、中日岡田、楽天松井裕が挙がる。秋吉は右の変則で、宮西、岡田、松井裕は左腕。現状のブルペンには、右の専門職、パワー型が不足している。その候補としては、平野の他にマーリンズ田沢、巨人沢村がおり、最終発表で割って入る可能性はある。しかし、平野の評価は相対的に頭ひとつ抜けているとみられる。

    田沢は出場に意欲的とされるものの、今季がマーリンズに移籍の初年度で、環境への対応が必要な事情がある。スケジュール管理などマ軍側との十分な話し合いが必要で、出場へのハードルは当初から高い。球界関係者の話を総合すると、現時点では不参加の可能性が極めて高い。

    全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-01766671-nksports-base

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 11:20:53.03 ID:mGk+d7rJ0
    WBC最後のババ掴みは平野佳寿

    >>続きはこちら

    このページのトップヘ