パ専

    カテゴリ:日本ハムまとめ > 中田翔

    no title


    1: 風吹けば名無し 2017/04/24(月) 17:23:40.97 ID:CAP_USER9
    中田のプレイヤーズスペシャルを開催

    日本ハムは24日、「北海道シリーズ2017 WE LOVE HOKKAIDO」期間中の5月27日(土)ソフトバンク戦(札幌ドーム)で、中田翔内野手のプレイヤーズスペシャルを開催すると発表した。

    当日は「中田翔学習帳」を札幌ドームに来場の先着3万人にプレゼント。
    「ジャポニカ学習帳」でおなじみのショウワノート株式会社の協力で実現したという。
    オリジナルデザインの表紙に加え、座右の銘や食事の秘密など、中田を特集した記事が盛りだくさんの特別な一冊。
    記事以外のページは白無地の自由帳で、用途を限らず自由に使うことが出来るようになっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010019-fullcount-base
    Full-Count 4/24(月) 15:41配信

    4: 風吹けば名無し 2017/04/24(月) 17:27:52.35 ID:TGZNUApG0
    お前らが学習しろ

    >>続きはこちら

    20170413-00010000-spht-000-2-view


    1: 風吹けば名無し 2017/04/13(木) 05:12:54.26 ID:aFXFBn4L0
    【日本ハム】中田13日に抹消…本人志願も治療を優先
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010000-spht-base
     
    右足内転筋の筋挫傷で、2試合続けて欠場している日本ハムの中田翔内野手(27)が13日に出場選手登録を抹消されることが12日、分かった。
    千葉・鎌ケ谷の2軍施設へ13日に移動し、14日からリハビリを開始する見込みだ。

    2: 風吹けば名無し 2017/04/13(木) 05:13:42.06 ID:2Wrv+bI70
    ハムなんで今シーズンこんななってしまったん?
    大谷の呪い?

    >>続きはこちら

    13331_929_spnldpc-20170410-0077-0


    1: 風吹けば名無し 2017/04/10(月)12:21:19 ID:uAx
    https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/12914216/

    ◇パ・リーグ 日本ハム0―2オリックス(2017年4月9日 京セラドーム)

    力が入らない。日本ハム・中田は5回の一塁守備に就くことなく、途中交代した。
    試合後「初めてフルスイングするのが怖くなった」と言った。

    初回は西が内角に投じたシュートを振り切れず、ボテボテの遊ゴロ。
    4回も外角のカーブにバットを当てただけの二飛に倒れた。
    交代の理由について、福島芳宏チーフトレーナーは
    「右の鼠径(そけい)部に痛みがあってスイングができなかったので代えてもらった」と説明。
    脚の付け根付近である鼠径部の痛みは初めてで、前日の最後の打席でスイングした際に痛みを感じた。
    ベンチ裏でアイシング治療を施した中田は、
    「(腰を)ひねる動作が痛む。投げる動作もそう。痛みを前面に出すようなスイングをしてしまった」と話した。

    10日に札幌市内の病院で検査を受ける予定。
    11日のソフトバンク戦(札幌ドーム)の出場について、福島チーフトレーナーは
    「何とも言えない。もう少し振れていれば…」と言葉を濁したが、検査の結果次第では欠場どころか、出場選手登録を抹消される可能性もある。
    打率・200、本塁打も打っていない中田は「最悪、痛みが長続きしようが試合に出たい」と意欲を見せたが、
    「結果が伴っていないので、外される覚悟もしながら。そこも大事」と神妙な表情を浮かべた。

    故障の連鎖が止まらない。前日の大谷に続き、不動の4番打者もグラウンドから姿を消し、今季初の零敗を喫した。
    5連敗で借金が5に膨れ上がった栗山監督は「もう本当に勝つしかない」と険しい表情で語った。
    昨季の日本一覇者にいきなり試練が訪れている。

    2: 風吹けば名無し 2017/04/10(月)12:23:29 ID:1OB
    骨折かどうかすらまだ分からないなら分からんな

    >>続きはこちら

    このページのトップヘ